学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

工学研究科 修士課程建築学専攻

学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

変化する社会のニーズに対応できる独創性と柔軟性を育て、倫理観の高い技術者を養成します。

建築学専攻 専攻長 萩原伸幸
建築学専攻
専攻長 萩原伸幸

建築学専攻では、学科で学んだそれぞれの分野の内容を掘り下げるとともに、実務に関わる科目なども履修します。変化する社会のニーズに対応できる独創性と柔軟性、そして倫理観の高い技術者を養成します。設計分野においては建築を通して現代社会の課題解決の一端を担い、構造分野では防災に貢献する研究に取り組みます。また、材料施工分野では施工の効率化や建築の維持保存に役立つ技術などを追求します。実務経験の豊富な教員とともに、実践的な研究に取り組んでいます。

information

近年、東海大地震が予想され、防災、耐震からの新材料・新工法の開発が求められています。また、高齢化や福祉社会に対応した建築住環境の安全快適化・ゆとりのある美的空間の創出、環境に配慮した町作り・地域計画、環境汚染問題などの課題が提起されています。一方で長年にわたって築いてきた建築物・施設を今後どのように維持管理・再生していくかが21世紀の建築学の担う役割の一つになっています。本建築学専攻は、より高いレベルで、上記のような課題に対処できる問題解決能力を養成するためのカリキュラムで編成されています。

建築学専攻は、社会のニーズにたえうるだけの独創性と柔軟性に富み、かつ倫理観の高い技術者を世に送りだすことを目的としています。建築学、環境保全に関する幅広い知識を身につけ、生活の器である建築において持続的耐久性と質の高いデザインを持つ「建築環境」を創出するために、企画・デザインできる人材を養成します。

担当教員

担当教員 職名 学位 研究課題
宇野 享 教授 工学士
  • 都市・地域活性化のための計画手法
萩原 伸幸 教授 博士
(工学)
  • 非線形系のエネルギー応答推定法に関する研究
  • 空間骨組構造物の弾塑性振動と耐震性に関する研究
  • 構造形態解析とその応用
武藤 隆 教授 芸術修士
  • 美術館・ギャラリー・国際展における展示空間
  • まちや建築とアートの関係
渡邊 慎一 教授 博士
(工学)
  • 室内における温熱環境評価
  • 都市空間における温熱環境評価
  • 気候と生活・建築・都市
岡本 洋輔 准教授 博士
(学術)
  • 照明光の心理的・生理的作用に関する研究
  • 眼疲労の客観的評価方法の開発
髙栁 伸一 准教授 博士
(工学)
  • 建築史・都市史研究の方法論と応用
  • 近現代の建築・都市に関する歴史的な考察
高橋 之 准教授 博士
(工学)
  • 鉄筋コンクリート造部材の性能評価
  • 鉄筋コンクリート造建物の地震被害
中島 貴光 准教授 博士
(美術)
  • 建築・インテリア・舞台美術の研究および設計
藤森 繁 准教授 博士
(工学)
  • 建築構造材料の耐久性評価
  • 各種建築材料を対象とした不具合検知手法
  • 地域産材料・廃棄物の建材への適用
船橋 仁奈 准教授 修士
(芸術)
  • 固有性/普遍性を有する空間デザインの手法
  • 場所性を有する空間デザインの研究
  • 街並みにおける審美性の評価及び研究
米澤 隆 講師 博士
(工学)
  • 発展性のある設計手法の開発
  • 概念を拡張させる想像に関する研究
  • 新技術を前提とした未来構想

学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

ページの先頭へ

MENU