学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

研究室紹介

学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

吉田研究室

素材に新たな価値を付加していく。
そのための手段を明確にしたい。

素材研究を通じて得られる「リアリティ」がおもしろい

吉田研究室は、アルミニウムやチタンなど、比較的軽い素材を対象に、放熱性や耐摩耗性など、その素材が本来持っていなかった特徴を新たに付加させる研究を行っている。
「素材研究はパソコンやデータ上の研究ではなくて、実験結果が実物として目の前に現れる。それがおもしろいんです」と語る澁川さん。さらに、大学院生の大島さんも「素材研究が、ひいては、クルマの軽量化につながるかもしれない。研究が実社会につながっているという実感が得られることも、この研究室の魅力の一つです」と言葉を重ねる。

左から
大島 恭平さん 愛知県 瀬戸西高等学校 出身
澁川  輝さん 愛知県 大同大学大同高等学校 出身
近藤 昴良さん 愛知県 愛知産業大学工業高等学校 出身
太田 慎也さん 愛知県 愛知産業大学三河高等学校 出身

より良い窒化アルミニウムの生成方法を模索中

澁川さん、近藤さん、太田さんの3人で取り組んでいるのが、「極低温液体中放電によるアルミニウム表面への窒化アルミニウム皮膜の形成」である。つまり、液体窒素中で放電し、アルミニウムの表面にセラミック皮膜を形成し、窒化アルミニウムをつくりだそうとしている。窒化アルミニウムをつくる方法はいくつかあるが、そのどれもがコストと時間がかかる。その課題に風穴を開けるべく、「放電」という手法を活かせないかと模索しているのだ。

正解はない、前例もない、だから挑むことがおもしろい

放電すると、アルミニウムの表面に、何かしらの変化が現れる。ある条件の時は粉っぽくなるし、また別の条件の時は厚い層のようなものができる。それが、窒化アルミニウムなのかは、一つひとつ電子顕微鏡で確認しなければわからない。気の遠くなるような作業だ。けれど、「ゴールもやり方も手探り状態の中、自分たちで考え、試し、たとえばそれが少しでも思い通りにいけばうれしい」と、近藤さんはメンバーの思いを代表する。主体的なトライアンドエラー。その先のほんの少しの成功体験が、確かな自信を生み出している。

放電し、素材を加工している様子。吉田研究室では「放電」の他に、「噴射加工」や「プレス成形」などさまざまな加工を素材に施し、素材にどのような影響が与えられるか、その効果を研究し、より良い素材成形の方法を模索している。

与えられた課題に真摯に向き合える、そんな研究室

「この研究室はどんな研究室?」という質問に、太田さんは「真面目な研究室だと思います」と答えた。一人ひとりが具体的な課題を持ち、それに向かって、実直に研究を進めているというのがその理由だという。

窒化アルミニウムは未知の素材でわからないことだらけです。そんな素材に挑戦することで、学生たちには物事の主体を捉えつつ、柔軟かつ自由に自分の考えや経験を織り交ぜて、新たな価値を見出せる力を身につけてほしい。そして、卒業後は笑って生きていってほしいと願っています。

研究室一覧

井原研究室

教授井原 禎貴博士(エネルギー科学)
燃焼、エンジン、自動車
研究テーマ
HCCI燃焼・PPC燃焼のノッキング抑制および制御手法の確立
熱励起活性材料を用いた排気処理
学生フォーミュラ用車両の研究開発

大嶋研究室

教授大嶋 和彦工学博士
圧電素子、センサ・アクチュエータ
研究テーマ
圧電フィルムを利用した騒音低減
圧電セラミックスを利用した構造物の振動抑制
3Dプリンタによるスピーカー製作

尾形研究室

教授尾形 和哉博士(工学)
システム制御工学、ロボット運動応用
研究テーマ
自律型移動ロボットの設計開発と制御
産業用ロボットの知的作業への応用

小里研究室

教授小里 泰章博士(工学)
流れの制御、エアロダイナミクス
研究テーマ
プラズマアクチュエータを用いた流れの制御
物体まわりの流れ制御技術に関する研究
車両の空力安定性向上の探求

小森研究室

教授小森 和武工学博士
壊れないモノづくり
研究テーマ
大きな加工を受けた材料の破壊に関する研究

坂倉研究室

教授坂倉 守昭博士(工学)
知的自動化、研削加工
研究テーマ
ロボットの動作学習
研削加工の知的自動化

篠原研究室

教授篠原 主勲博士(工学)
シミュレーション工学、宇宙工学
研究テーマ
構造-熱-振動連成解析技術による人工衛星の最適設計
伝統工芸「有松・鳴海絞り」における括り作業ロボットの実用化研究
自然現象の類似性を利用したイノベーション普及解析モデルの構築

溝口研究室

教授溝口 正信博士(工学)
メカトロニクス、画像処理
研究テーマ
組込制御システムの開発
画像処理システムの開発

石田研究室

准教授石田 敏彦博士(工学)
流体計測、光計測
研究テーマ
高速移動車両の空力解析
小型飛翔体の飛行安定性に関する研究
マルチコプターの飛行安定性

吉田研究室

准教授吉田 昌史博士(工学)
表面処理技術、高機能材料
研究テーマ
液体窒素中放電による金属の表面改質
ガス窒化によるアルミニウムの表面硬化技術の開発
超高純度アルミニウムの機械的特性の評価

橋口研究室

講師橋口 宏衛博士(工学)
ロボット開発、ドローン
研究テーマ
長時間・長距離を目的とした変形型マルチコプターの開発
可変ピッチプロペラとベクタースラストによる機動性の研究
小型卓上ロボットアームの開発と教材化の研究

学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

ページの先頭へ

MENU