学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

4年間の学び方
− 学生が語る成長の軌跡 −

学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

大学4年間は、自分自身の興味の変遷の軌跡。
どの分野も真正面から取り組んだからこそ、自分がめざす本当の道が見えてきた。

1年次
数学や物理など基礎的な知識を深めるため、
学習支援センターが力になってくれた。

プログラミングをはじめ、機械系を幅広く学べることに魅力を感じて、機械システム工学科を選びました。出身高校が工業科で授業のカリキュラムが普通科と異なり、数学や物理は習っていない項目もあったため、学習支援センターを利用しました。基礎から、授業でわからなかったところまでしっかりと指導していただけるので、とても助かりました。2年まで継続して通ったおかげで、授業の理解度は飛躍的に高まりました。

2年次
材料系、力学系の知識を生かし、
図面を元に仲間たちとエンジンの分解・組立に挑戦。

興味のあったプログラミングの授業が本格的に始まりましたが、しばらくするとデジタルエンジニアリングの分野にも関心が高まっていきました。2次元の図面を3次元化することやシミュレーションに興味津々。機械工学実験の授業では、その図面を元に自ら手を動かしてエンジンの分解・組立にも挑戦しました。1、2年次で学んだ材料系、力学系の知識を生かすことができました。

3年次
インターンシップに参加し、現場を知ることで、
技術営業職に自分の適性を感じた。

前期で流体シミュレーションを学んだことで、航空機の設計もいいなと思っていましたが、インターンシップに参加して、僕の中に大きな変化が。パソコンに向かって設計をするよりも、設計の知識やこれまで学んだ技術やスキル、知識を生かして人と接するような技術営業職が向いているかもしれないと思うように。インターンシップで現場を知り、将来、進むべき方向性が定まりました。

4年次
先生のアドバイスを元に
衝撃波の解析を一人でやりきることができた。

篠原研究室に所属し、衝撃波の解析に取り組みました。地球大気圏突入時には宇宙船が時速1万km以上で移動するため、急激な大気圧力(密度)変化による衝撃波が発生します。その衝撃波の解析精度を高めることがテーマです。研究には1人で取り組むので、時には行き詰まることもあります。そういうときは先生や仲間たちに相談して解決のヒントをいただき、乗り切ることができました。

大同大学での4年間を振り返ってみると、さまざまな出会いや体験から、自分のやりたいことや将来の仕事を明確に絞り込むことができた時間でした。高校のときは化学、大学入学後に興味はプログラミングに変わり、その後、デジタルエンジニアリングやシミュレーション、設計などを経験し、最終的には技術営業職が自分の進みたい道だと決めることができました。いろんな分野に挑戦したからこそ、導き出せた答えだと思っています。また、課題を与えられて取り組むのではなく、課題そのものを自ら見つけ、考え、行動していく自主性も養われたと実感しています。希望する企業の就職内定を勝ち取れたのも大学での成長を企業から認めていただけたからだと思います。社会人になるにあたっての目標は、大学で培った自主性を発揮しつつ、仲間と協力しあって組織に貢献することです。そして「君ならきっとやり切ってくれる」と期待され、頼られるような存在となるよう、成長していきます。

森岡 陸さん
総合機械工学科(現 機械システム工学科) 4年 岐阜県 岐阜工業高等学校 出身
就職先:東邦ガス株式会社

学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

ページの先頭へ

MENU