学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

4年間の学び方
− 学生が語る成長の軌跡 −

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

モノづくりの繊細さとダイナミックさを知った。
身につけたのは、「イメージの可視化」と物事を論理的に構築する力。

1年次
図面を自分の手で書き起こすことが
機械構造を理解する一歩だと知った。

「さすが、モノづくりの日本!」。そんな感動を覚えたのが「基礎機械製図」の授業です。この授業ではネジや歯車など、一つひとつの部品を手書きで図面を書き起こしました。いきなりCADを使うのではなく、まずは自らの手を動かすことで、物事の本質までしっかりと理解することが大事と先生に教えられ、その姿勢や繊細さが、日本の技術を支えているのだなと感じました。

2年次
体験して失敗したからこそ
モノづくりの基礎、4力学の重要性を実感。

「機械製作実習」では、「モータを分解して、もう一度組み立てる」という課題に取り組みました。分解する時、ネジを締める力を一つ間違えただけで上手く動かないことを体験。失敗の原因は、機械工学の4力学(機械・材料・流体・熱)の理解不足であると気づき、些細なことに思える失敗も、機械工学全体につながっているダイナミックさを理解しました。

3年次
自分の予測は正しいか、確かめられるから面白い。
たとえ、それが違う結果になっても。

1、2年で製図や4力学などをみっちり学んだ後、いよいよ応用分野の学びが増えていきます。シミュレーションの授業では、構造体の変形をパソコン上で検証します。自分なりに変形の結果を予測し、その予測が正しいかどうかを自分の目で確認できるのです。モノを作るうえで、自分が思い描くイメージを可視化できることの面白さを覚えました。

4年次
やりたいことを自ら主張する、それが卒業研究の醍醐味。
流体力学の集大成として卒業研究に全力投球。

「可視化」の面白さに目覚めた私は、卒業研究テーマとして、「スプラッシュ現象の可視化」を選びました。自分のやりたいことを主張することが、卒業研究の醍醐味だと思ったのです。仲間たちと相談しながら、実験器具を作ることから始め、研究に取り組みました。広がりのあるテーマで、さまざまな可能性を秘めており、これからの社会にとって価値のある研究であると自負しています。

高校生の頃から、ニュースでも多く取り上げられる華やかなハイテク産業に憧れを持っていました。入学後、1~2年次の機械工学の学びを通して、ハイテク産業を支えているのは、実は機械工学の基礎であることを知りました。以降はハイテク産業の発展に貢献したいという思いから、機械工学を基礎から徹底的に学んだことで、モノづくりの本質に迫って、理解することができました。このような基礎があったからこそ、3~4年次にエンジニアとして成長することができたと思います。また、卒業研究では、自分のアイディアを、教授をはじめ他の人に正確にわかりやすく伝えるための論理力を身につけることができました。これからも論理力を活かし、大学で身につけたモノづくりの基礎に磨きをかけ、世界で活躍できる人材をめざしたいと思います。

陳 怡安さん
機械工学科 4年 愛知県 江南高等学校 出身
就職先:兼房株式会社

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU