学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

学びの特色・カリキュラム

学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

教育体制と特色

情報デザイン学科の特色

本学科には、グラフィック、映像、サウンド、3Dデザインの各分野を具体的に学べる仕組みと環境があります。3Dデザインでは、デジタル上の立体モデリングや空間演出に加えて、モノづくりの生産工程までを扱うプロダクトデザイン分野を学ぶこともできます。どの分野においても課題設定から企画立案、フィニッシュまでに必要な実践的知識と技能を身につけられる内容が用意されており、1年次からこれら全ての領域を幅広く学び、自身の適性を見つけていきます。2年次からは「メディアデザイン」「3Dデザイン」から希望の分野を選択し、目標・目的に沿って学びを進めます。3年次では習得した知識・技術を活かし、より専門的・実践的な力を身に付けるため、制作実習等の授業を多く履修します。これらの授業をとおして将来の仕事のイメージをつかみます。4年次には各分野で得た専門知識・技能を活かし卒業研究に取り組みます。

教育課程の概念図

教育課程の概念図

カリキュラム

1年次

1年次のカリキュラム

 は必須科目

グラフィック、サウンド、映像、WEB、プロダクトデザインの基礎を学び、自分にあったジャンルを探します。

2年次

2年次のカリキュラム

※2年次から2コースに分かれ、目標・目的に沿って履修します。

自分にあった分野を選び、さらに社会が求めているもの、人が求めているものを知ります。

3年次

3年次のカリキュラム

 は必須科目

多数用意された実習・実践的な授業で、さらに専門性を高めます。

4年次

4年次のカリキュラム

 は必須科目

専門分野を持つ教員の研究室で、実践型の研究を積み重ね、卒業研究に打ち込みます。

科目PICK UP!

情報デザイン基礎実習

情報デザイン基礎実習情報デザイン基礎実習

それまでに学んだ知識と、最先端のメディア技術をフルに生かしながら、ひとつの作品にまとめ、社会に発信できるものとして仕上げます。作品は、社会とつながり、社会の動きを反映したものが望ましいため、ふだんから社会に深い関心を持つことが必要。また、チームで制作に取り組む中で、自分の役割、貢献について考える姿勢を養います。

製品デザイン実習B

製品デザイン実習B製品デザイン実習B

4年次の卒業制作を控えた予行演習の位置づけです。企業に向けた木工製品、樹脂製品の商品提案、さらにイタリアのミラノの大学との連携授業である「C-Scape」へ参加し、ランドマークや町おこしの企画提案などから、自分の興味のある分野を選択。「考える力」と「提案する力」。さらに、自信を持って提案する「強さ」も身につきます。

学部・教養部・大学院

工学部

情報学部

教養部

大学院

ページの先頭へ

MENU