キャリアセンター

社会経験豊富なスタッフが学生一人ひとりを見守りサポート

キャリアセンターの主な業務、一つ目は「情報提供」。どのような企業がどのような人材を求めているのかなど、就職に必須の情報を学生に提供しています。二つ目は、「先輩たちの活動」に関する情報提供。先輩たちの成功体験談を聞く機会などを積極的に設けています。そして三つ目が、キャリアセンタースタッフによる個別相談です。キャリアセンターのスタッフは、総勢10名。さまざまな社会経験を持つスタッフが、主指導教員や副指導教員と連携し、学生一人ひとりをしっかりと見守り、支えています。

1年ずつステップアップしながら、キャリアを形成します。

企業見学会とインターンシップで、「職業観」「労働観」を養い、自らのキャリアをデザインしていきます。

「職業観」養成の実践として、インターンシップの実施があげられます。これは学生が在学中に、自らの学科・専攻を活かした将来のキャリアに関連する職業体験を、一定期間、企業で行う教育制度です。大同大学ではキャリア支援の重要な取り組みのひとつとして行ってきました。また、インターンシップの前段階として「まず企業を見る」ことの必要性を指導する、企業見学会も実施。将来の企業選択をスムーズに行えるよう、「就職観」や「労働観」を養う機会となっています。

キャリア支援の初歩段階として、「自分への『気づき』」を促進するため、1年生前期から2年生後期まで「就職力アップセミナ」を開催し、「自己分析・自己理解」、「社会で求められる力」、「職業観」を学ぶ過程となっています。
3年生では、「就職ガイダンス」を開催し、就職への実績テクニックを学ぶ過程となっています。

1年入学時 社会で求められる力とコミュニケーションのポイントを知る
「就職力アップセミナⅠ」
1年後期 大同生が活躍できる仕事を知る
「就職力アップセミナⅡ」
2年前期 自分ならではのPRをするために行動しよう!
「就職力アップセミナⅢ」
2年後期 インターンシップ参加のための準備を行う
「就職力アップセミナⅣ」
3年前期 就活日程の確認
就活テクニックを習得する
「就職ガイダンス4月〜7月」
3年生夏休み 職業観や社会人のマナーを身に付ける
「インターンシップ」
3年後期 就活テクニックを習得する
業界・企業を理解する
「就職ガイダンス10月〜1月」
「業界研究セミナ」
「就活直前セミナ2月」
「学内合同企業説明会3月」
「個別面談・相談」
4年後期 就業に対する知識の充実のため、労働法の基礎知識を学ぶ
「就職内定者ガイダンス」

2020年度「就職力アップセミナ」のカリキュラム概要

開講時期 1年生 2年生
前期 後期 前期 後期
科目名 就職力アップセミナⅠ 就職力アップセミナⅡ 就職力アップセミナⅢ 就職力アップセミナⅣ
概要 社会で求められる力のなかでも、最も重要な「コミュニケーションのポイント」を学び、大学適応力を高める。 社会や仕事で求められる力を理解し、将来の仕事について考える。 就職状況、雇用状況を理解し、2年後の就職活動に向けての目標を理解し、準備を行う。 学内外インターンシップの目的と概要を知り、すぐに動きだせるよう準備を行う。
内容 ①GPS-Acadmic(4月)
※社会人基礎力を知る
①今とこれからの社会で求められる人材要件を考える。(10月) ①大学生基礎学力レポートⅡ(在校生版)の受験(4月)
※社会で求められる力の確認
①「インターンシップ」について知る。(10月)
②アセスメントの結果から、将来のために今できることを考える。(4月の検査結果解説)(5月) ②先輩達の進路から行う業界研究のはじめの一歩。(11月) ②就職状況や雇用環境を知る。
自分のやりたいことを考える。(5月)
②OB・OG参加による業界企業研究。(11月)
③第一印象upのポイント:コミュニケーションとマナー(6月) ③「インターンシップ」について知る。・応募書類にチャレンジ。(12月) ③アセスメントの結果から、1年間の大学生活の内省、目標を立てる。(4月の検査結果解説)(6月) ③企業研究・インターンシップ先の選び方について学ぶ。(12月)
④自分の強みを把握し、伸ばすためのアクションプランを立てる。(7月)   ④新卒採用について情報を知る。・自己PRを書いてみる。(7月) ④SPI、インターンシップマナー、身だしなみについて学ぶ。(1月)

インターンシップ

その職業体験が、さらなる学修意欲を喚起し、「職業観」や「労働観」を養成します。

学生が在学中に、自らの学科・専攻での学びを生かした将来のキャリアに関連する職業体験を、キャリアセンターの仲介により一定期間(約10日間)、企業で実施。大同大学では、既に10年以上の実績があり、単位認定がなされる授業(専門科目)として扱われています。講義や演習では感じられない「現場」の厳しさ、楽しさの体験をもとに、さらなる学修意欲を喚起し、学生たちの「職業観」「労働観」を養成します。学生が個人で申し込むその他のインターンシップも含めた実際の職業体験をもとに、将来の企業選択をよりスムーズに誘導します。

学内企業説明会

600社を超える企業が参加。
全体の約5割の学生がここでの出会いをきっかけに
就職につなげている学内イベントです。

3年次後期期末試験終了後より順次開催される学内合同企業説明会等(計7日間)は、「大同生を採用したい!」と考える500社を超える企業・団体が参加する学内就職活動最大のイベントです。卒業生も先輩リクルーターとして参加しているため、人事担当者との距離も近く感じられ、自分らしさを出せる雰囲気が特色になっています。本学の50年を超える中都圏産業界との深い絆が、学生の就職を力強くサポートしています。

ページの先頭へ

MENU