学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

学びの特色・カリキュラム

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

教育体制と特色

総合機械工学科の特色

実社会の機械システムは、機械とエレクトロニクスが一体となって動いています。本学科では目的とした機能をどう実現するかを考え、設計できるエンジニアになるため、設計・加工・材料・力学(機械、熱、流体、材料)などの基本技術に加え、実務で役立つ周辺技術(電気・電子工学、制御工学、メカトロニクス、プログラミングなど)を身につけたうえで、自動車システム、航空宇宙システム、ロボットシステム、エネルギーシステムなどの仕組みを学びます。また「デジタルエンジニアリング」をキーワードにして、機械システムのモデリング(CAD)、強度計算や機構解析などのシミュレーション(CAE)、生産自動化のためのコンピュータ支援製造(CAM)などの一貫した教育に力を入れています。

教育課程の概念図

教育課程の概念図

カリキュラム

1年次

1年次のカリキュラム

 は必須科目

数学や物理、電気、情報に加え、機械システムへの興味を引き出しエンジニアへの意識を高めます。

2年次

2年次のカリキュラム

 は必須科目

「機械」の基礎となる4力学とともにシステムを考えるためのプログラミングや加工実習などを配置。

3年次

3年次のカリキュラム

 は必須科目

エンジン、ロボット、流体機械などより専門的にステップアップ。実験などを通じて、卒業研究に備えます。

4年次

4年次のカリキュラム

 は必須科目

専門分野の指導教員のもとで卒業研究を進めます。社会人としての自覚も育てます。

科目PICK UP!

メカトロニクス実習

メカトロニクス実習メカトロニクス実習

メカトロニクス機器を構成するエレクトロニクス(電気電子回路)の動作原理や応用方法などの知識を、実習を通して身につけます。ハンダ付けなどの回路製作の基本技能や、基本的な計測機器の使用方法を学習したうえで、電気回路を製作し、電気現象の理解を深めます。さまざまな実験により、体験的にメカトロニクスを学習します。

デジタルエンジニアリング2

デジタルエンジニアリング2デジタルエンジニアリング2

車や家電製品の設計には、部品の動作を正確に把握したり、部品相互の干渉チェックをするためのツールとして3次元CADが必要になります。この科目では、3次元CADの操作を学び、製図に必要な操作知識を身につけます。また、「CAD利用技術者試験」に向けた技能を磨くことをめざして、課題を持ち帰り、自ら学習していきます。

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU