学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

学びの特色・カリキュラム

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

教育体制と特色

機械工学科の特色

本学機械工学科のおもな専門分野は次の3つから成り立っています。ひとつめは地球環境問題と関係して、自然に存在するエネルギーを有用な仕事に変換する「エネルギーの分野」。二つ目は機械を構成しているそれぞれの部分の強さや破壊の原因を追究し部品を組み立てるときの相互の関係を考慮して設計する「強度設計の分野」。そして設計図面から実際の製品に成形・加工する手段を考察し材料の選択を行う「材料加工の分野」です。
またこれらの専門分野に加え、CO2削減を狙った省エネルギーやエネルギーの高効率的な有効活用、資源のリサイクル化や循環を狙いとした生産システムなどの領域も視野に入れ、「環境に優しい機械システム設計技術者」の育成をめざしています。

教育課程の概念図

教育課程の概念図

カリキュラム

1年次

1年次のカリキュラム

 は必須科目

数学や物理などの基礎的な科目、モノづくりの基礎となる実習や製図、機械工学の概要などについて学びます。

2年次

2年次のカリキュラム

 は必須科目

機械工学の中核知識である4力学の基礎と材料・検討について、さらに本格的なCAD操作を学びます。

3年次

3年次のカリキュラム

 は必須科目

4力学・材料・加工法の応用科目をはじめ、実験を通じて機械工学の真髄に迫ります。

4年次

4年次のカリキュラム

 は必須科目

日々の卒業研究にゼミや座学を交えて、技術者に必要な幅広い知識を学習します。

科目PICK UP!

材料力学

材料力学材料力学

『材料力学基礎』で学んだことを元に、組合せ応力と変形の基礎的な解析法を学習します。さらに、ねじり、曲げが同時に作用する組合せ応力の問題や柱に生じる大きなたわみや部材に蓄えられるひずみエネルギーなどについての考え方を学びます。同時に各種材料の試験法や、材料内部に作用するごく小さな力学的動きを知る材料強度学についても学習します。

CAD演習2

CAD演習2CAD演習2

設計から製造、解析まで、製品開発をトータルにサポートする3次元CADソフトウエアを使って、3次元モデルを用いた設計を習得するための基本的操作を学びます。また、2次元CADと3次元CADの特徴の理解と使い分け、CAEやシミュレーションとの関係についても学習します。

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU