ネット割出願

入試日程

出願期間 2019年9月30日(月)~10月8日(火)
試験日 2019年10月12日(土)
合格発表日 2019年10月16日(水)
入学金納付期限 2019年11月14日(木)
授業料納付期限 2019年11月28日(木)

出願資格

以下の条件をすべて満たす者。

  1. (1)向学心、学力、人物共にすぐれた者。
  2. (2)高等学校の専門課程(中等教育学校の後期課程を含む)を2020年3月に卒業見込みの者、または2019年3月に卒業した者。
  3. (3)高等学校を2020年3月に卒業見込みの者は、学校長が推薦する者。2019年3月に卒業した者は、自己推薦する者。
  4. (4)評定平均値(調査書)が3.0以上である者。
  5. (5)専門に関する科目(詳しくは、入学試験募集要項参照)を履修している者。

選考方法・内容

調査書評価(60点満点)
評定値 評定平均値を得点化。
特別活動
  • 部活動歴の活動年数を得点化。
  • 生徒会役員の経験を得点化。
  • 表彰・ボランティアおよび競技成績等をポイント制で得点化。
  • 取得資格をポイント制で得点化。
出欠 3年間の出席状況を5段階で得点化。
面接による 人物評価(40点満点)
「夢・志・望」と進学目的 「夢・志・望」の観点から大学進学目的、学科・専攻・コースの志望理由などを評価。
「創意・工夫」 する力と「行動力」 学校内外での諸活動や日常生活等での体験を事例に、「想像力」、「創意工夫する力」、「行動力」などを評価。
表現力 小論文:課題は当日出題し、60分で600字程度にまとめる。テーマとの整合性、誤字・脱字の有無、論旨の明瞭性、口頭での説明などにより「表現する力」を評価する。
総合評価 上記の項目を含め総合的に評価。

過去の小論文テーマ

  • ※課題は当日出題し、面接時の資料とします。
  • ※60分で600字程度にまとめます。
  • ※A、Bの課題からいずれか1つ選択する方法です。
課題
2019年度
(参考)
A:近年、掃除型ロボットやペット型のロボットが開発され、家庭でもロボットを利用することができるようになりました。また、会話する機能を持ち、コミュニケーションを行うことができる人型のロボットも開発されています。このようなロボットは私たちの生活やこれからの社会でどのような存在になっていくと考えられるか、あなたの考えを述べなさい。
B:近年、日本の国民医療費は約42兆円にも膨れ上がり、日本の財政を圧迫しています。そうした現状を受け、生涯を通じた運動・スポー ツを促進することで国民の健康を維持し、国民医療費を削減することが図られています。しかしながら、日本では中学校や高校で実施する「部活動」を引退すると場所や仲間、道具が不足し、部活動引退後も継続した運動・スポーツの実施が困難になると言われています。こうした問題をどのように解決すれば良いか、あなたの考えを述べなさい。
2018年度
(参考)
A:人工知能の発達と共に、人間の関与を必要とする作業は大幅に減少するといわれています。そうした中で、働き方はどのように変わるでしょうか。あなたの考えを述べなさい。
B:近い将来、日本の人口の約半分は独身者になると言われています。そうした独身者が消費の中心となる将来の日本市場においては、どのような商品・サービスが求められるようになるでしょうか。あなたの考えを述べなさい。
2017年度
(参考)
A:近年、工業・医療・福祉・金融など様々な分野でAl(Artificial Intelligence:人工知能)を活用する取り組みが盛んにおこなわれており、新しい製品やサービスの開発が期待されています。Alに対してどのような分野でどのような役割を果たすことが期待できるかを示した上で、そのメリット・デメリットについてあなたの考えを述べなさい。
B:2016年4月より、電力小売り事業への参入が自由化され、多数の民間企業によって電力供給が担われるようになりました。この変化に伴うメリットとデメリットを挙げた上で、あなたの考えを述べなさい。

入学検定料

公募制推薦(専門高校推薦) ネット出願:30,000円
ネット出願以外は、本学入試・広報室(TEL:0120-461-115)までお問合せください。
  • インターネット出願をする方はこちら
  • インターネット出願ガイドはこちら

ページの先頭へ

MENU