大同大学オープンキャンパス 大同大学オープンキャンパス

TIME TABLETIME TABLE

TIME TABLE

会場案内MAP

会場案内MAP

受付は終了しました

※オープンキャンパスおよび各イベントの参加には
事前予約が必要です。

※下の参加条件と新型コロナウイルス感染症拡大防止策をよく読んでから、お申込みください。

秋のオープンキャンパス参加条件

  • 高校3年生以上の受験生対象
  • 保護者等の同伴者は1名まで
  • WEBサイトからの完全予約制(受付締切 9/30)

※定員に達し次第、受付終了。

※参加要件を満たさない方のご来場はご遠慮いただく場合がございます。

本学では皆さまに安心して
オープンキャンパスにご参加いただくため、
新型コロナウイルス感染症拡大防止策を、
以下のように実施します。

  • 参加当日は、ご自宅で検温・健康チェックを行い、発熱(37.5度以上)や咳などの症状がある方は参加を控えてください。その際、不参加のご連絡は不要です。
  • 当日は必ずマスクの着用をお願いします。
  • 厚生労働省接触確認アプリ(COCOA)の利用を推奨しています。
  • 受付や会場入口に、手指用アルコール消毒液を設置しますので積極的にご利用ください。
  • 空気の入れ替えのため、会場のドアや窓を開けて、換気いたします。
  • 参加者の皆様およびイベントスタッフへの感染予防に配慮し、スタッフもマスク着用にてご案内させていただきます。

PICK UP

受験生にオススメ!推薦入試対策講座・学力入試対策講座

高校生にオススメ!先輩大学説明会

学科・専攻別模擬実験・実習

模擬実験・実習など、新しい発見がいっぱい!

実施時間

(1) 10:30〜11:20
(2) 11:30〜12:20
(3) 13:20〜14:05(一部学科のみ)

  • 模擬実験・実習は高校3年生以上の受験生対象です。保護者等の同伴者は参加できません。
  • 参加登録WEBサイトからご希望の模擬実験・実習にお申込みください。
  • 各模擬実験・実習には定員があります。定員に達し次第受付終了となります。
  • 当日の入場時の混雑を回避するため、各イベントの開催場所を事前にご確認のうえご来場願います。
    (イベント開催場所の案内は9/20頃掲載予定)

10月3日(土)のプログラム

機械工学科

(1)、(2)10:30~12:20【見学・実験・体験・実習】 定員:30名

※機械工学科では1、2回目を合同で実施し、3つのテーマをローテーションで体験できます。
1、2回目一括でのお申込みとなります。

A 層流と乱流,圧力損失って何?(坪井准教授) 会場:D棟1F

水や空気の流れには層流と乱流という異なる状態が存在します。その違いを視覚的に確認するとともに、配管の設計などに役に立つ「圧力損失」というものを調べてみましょう。

B アルミニウム合金の強度を測定しよう!(西脇教授) 会場:D棟1F

材料強度は機械工学における最も基本的な性質のひとつです。アルミニウム合金を使って引張試験を行い、引張強度を求めます。打ち抜き型を用いて、試験片の作成から実施し、添加元素によって材料を強化できることも体感します。

C 立体の見え方を想像しよう!(田中教授、萩野講師) 会場:D棟1F

将来設計者を目指す皆さんにプロフェッショナルが使うドラフター体験してもらい、必要な基礎知識を学んでもらいます.3Dと2Dの形の見え方の違いを「見て、聞いて、触れて」立体(空間)認識能力を身に着けよう!

(3) 13:20~14:05 【制作・体験】 定員:30名
オリジナルグラスを作ろう!(坪井准教授・萩野講師) 会場:B棟1F学生ホール

サンドブラスト加工機を用いて、ガラスのグラスに絵や文字の刻印をし、オリジナルのグラスを作ろう。出来上がったものは記念としてプレゼントします。

機械システム工学科

(1)10:30~11:20 【講義】 定員:30名
学科紹介・ドローンが飛ぶしくみ(坂倉教授・橋口講師) 会場:S棟0303

機械システム工学科について説明します。近年、撮影以外にも点検や配達など様々な利用方法がテストされているドローン。この講義では、ドローンが飛ぶ仕組みについて解説します。

(2)11:30~12:20 【講義】 定員:30名
機械システムの代表例・産業用ロボットを知ろう(尾形教授・溝口教授) 会場:S棟0203

日本の製造現場で30万台が稼働している産業用ロボットとは何か、どのような作業をするのかなどを学びます。実際の産業用ロボットをデモンストレーションして、その仕組み、動き、操作方法などを学びます。

(3) 13:20~14:05 【体験】 定員:10名
ドローンのプログラミング体験(橋口講師) 会場:S棟0406

屋内用の小型ドローンを使って、その操作を自分のプログラムで動かしてみます。

電気電子工学科

(1) 10:30~11:20 【講義】 定員:30名
自動車エレクトロニクス(山田教授) 会場:B棟0204

近年の自動車はエレクトロニクス化が進み、コンピュータ制御、電動化、自動運転など、電気電子工学が深く関わる状況にあります。本講義では、自動車の電動化に用いられるインバータに関して解説します。

(2) 11:30~12:20 【体験・実験】 定員:30名
プラズマを利用しよう!(橋本教授) 会場:B棟0205

プラズマはガス分子が電子の衝突などで電離した状態であり、オーロラや雷など自然界に存在しています。また産業界では蛍光灯やアーク溶接のほか、コピー機や脱臭装置などの製品に広く利用されています。本日は、プラズマの身近な応用例を紹介した後で、プラズマを用いた消色実験とウィルスの不活性化を目指したオゾンガス消毒器を紹介します。

(3) 13:20~14:05 【体験・実習】 定員:15名
電子回路シミュレータを体験しよう!(山田教授・大澤教授) 会場:D棟0202

コンピュータ上で動く電子回路シミュレーション用のソフトウエアを用いて、電子回路の動作を予測する体験実習を行います。

建築専攻 インテリアデザイン専攻

(1) 10:30~11:20 【見学・体験】 定員:30名
Dラーニング(住宅設計課題)の発表と公開講評会(米澤講師) 会場:B棟0201

Dラーニングとは「実際の課題を社会に提案する」建築学科の設計授業のことです。既に10数年の歴史を持っています。当日は、簡単な解説の後、今年度前期に行われた課題の成果を本学2年生が発表します。

(2) 11:30~12:20 【実験・講義】 定員:30名
力とデザイン(萩原教授) 会場:B棟0201

構造は力を支える役割を担っている。その形は力とどんな関係があるのだろうか?強くて頑丈な合理的な形というものはあるのだろうか?そしてそれは万能なのだろうか?この模擬実験では、模型を用いた実験を通して、構造物の力と形の関係を説明します。

(3) 13:20~14:05 【見学】 定員:30名

新キャンパス現場見学(武藤教授) 会場:B棟0201

来春からの、建築専攻とインテリアデザイン専攻の学びの場となる新キャンパスは竣工直前です。どんな空間でどんな学びの体験ができるかを、自分の目で確かめてもらう見学会です。

土木・環境専攻

(1) 10:30~11:20 【体験・実験】 定員:30名
水が起こすさまざまな流れや波を見てみよう(鷲見教授) 会場:白水校舎学生ホール

波は、海や川、身の回りの水・流れのさまざまなところに現れます。その現象を実験で見て、測り、その知識が防災や環境を考える中でどう役立つのかを考えます。

(2) 11:30~12:20 【体験・実験】 定員:30名
環境を浄化する土木技術って?(棚橋教授) 会場:白水校舎8号館8102

土木や建設というと環境破壊をしているというイメージを持っていませんか? 実は、道路や橋を作るだけでなく、環境を守ったり修復したりするのもドボクの仕事!その技術を実験で体験しよう。

かおりデザイン専攻

(1) 10:30~11:20 【見学・体験・講義】 定員:30名
嗅覚を知り、嗅覚テストにチャレンジしよう!(光田教授・棚村准教授) 会場:S棟0612

生活環境のにおい対策を考える内容です。においの測り方、生活環境のにおい対策について紹介し、かおりデザインの解説をします。におい・かおり分野の資格と関係のある嗅覚テストが体験できます。

(2) 11:30~12:20 【見学・体験・講義】 定員:30名
かおりを知り、かおりをつくろう!(光田教授・石川非常勤講師) 会場:S棟0612

生活環境のかおりの活用を考える内容です。かおりのつくり方、適用方法を紹介し、かおりデザインの解説をします。新たなかおりをつくる体験(調香体験)ができます。

情報システム学科

(1) 10:30~11:20 (2) 11:30~12:20 (3) 13:20~14:05 【実習・講義】 定員:A30名 B27名

※情報システム学科では2つのテーマを各3回ずつ実施します。

A スーパーコンピュータとハイ・パフォーマンス・コンピューティング(荻野准教授) 会場:B棟0302

高度情報化社会をリードするには、高性能かつ大規模なコンピュータの利活用が重要となります。ここでは"スパコン"や"クラウド"とは何か、ICT人材に求められる知識・スキルは何か、について説明します。

B ExcelVBAで会話システムを作ろう(芋野講師) 会場:E棟0202

VBAというプログラミング言語を用いると、テキスト入力や画像表示ができる画面(GUI)を容易に作成できます。これを使って、簡単な会話システムを作ってみましょう。

情報デザイン学科

※情報デザイン学科ではメディアデザイン分野、3Dデザイン分野に分かれて実施します。

メディアデザイン分野
(1) 10:30~11:20 【講義】 定員:30名
学んでみよう!CGの世界の魅力(原田講師) 会場:S棟0204

CGは現代において映画やゲームだけではなく、アトラクションなどの体験型コンテンツにも欠かせない要素となっています。今回の講座では仮想現実(VR)や拡張現実(AR)、プロジェクションマッピングなどについてのお話と、CG映像の上映を行います。

(2) 11:30~12:20 【講義】 定員:30名
音楽の簡単作曲テクニック(小高教授・小島准教授) 会場:S棟0204

メロディーの断片が浮かんだが、これからどうすればいい?「ひらめき」から「論理性」という過程を経て完成に近づけていく構造をプロの作曲家がわかりやすく解説していきます。

(3) 13:20~14:05 【講義】 定員:30名
A グラフィックデザインの魅力に迫ろう!(桐山講師) 会場:S棟0204

グラフィックデザインは、本やポスターなどの印刷物だけでなく、スマホアプリ、アニメ、ゲーム、そしてあらゆるビジネス分野に活用されています。この講義では、普段見ているイラストやパッケージのデザインにどんな工夫があるのかを深堀りしていきます。

B メディアデザイン分野を体験しよう!(小高教授ほか) 会場:ユメディオ

ミュージックライブ演奏、CG映像上映、録音ブースや映像制作室の見学、グラフィック展示などメディアデザイン分野で学ぶ主な内容、設備、そしてその魅力を凝縮して体感できるイベントです。

3Dデザイン分野
(1) 10:30~11:20 (3) 13:20~14:05 【体験】 定員:各回30名
作ってみよう!モノをデザインするって面白い(岡田准教授) 会場:F棟0204

文房具・食器などの雑貨から、椅子・携帯電話・ジュエリー・自動車など、たくさんの魅力的な製品=プロダクトが世の中にはあふれています。私たちの生活を豊かに彩る「モノ」をデザインする魅力を雑貨制作体験を通して紹介します。

(2) 11:30~12:20 【体験】 定員:25名
デジタル3Dモデリングの世界を体験してみよう(舟橋准教授) 会場:E棟0203

工業製品や立体のデザインをする上で重要なデジタル3Dモデリング。「ものづくり」が盛んなこの地域で活躍するための必要不可欠な技術です。この体験を通し、その魅力や楽しさを紹介します。

経営情報コース

(1) 10:30~11:20 (2) 11:30~12:20 【体験・講義】 定員:各回30名
ボードゲーム「モノポリー」で経営体験(大東教授・小澤教授・西崎教授) 会場:A棟14階交流室

1935年から世界各国で発売され、 プレイヤーの累計人数が最も多い世界No.1 ビジネスボードゲームを行います。 戦略を考える技とダイスの運が勝負の決め手となります。

スポーツ情報コース

(1) 10:30~11:20 【講義】 定員:30名
スポーツ情報コースの概要(齊藤教授) 会場:B棟0206

スポーツ情報コースでの学びがどのような未来につながるのかをコース内容をもとに解説します。

(2) 11:30~12:20 【講義】 定員:30名
運動・スポーツを科学的にとらえる(伊藤准教授) 会場:B棟0206

運動やスポーツは、科学の力を用いることでたくさんの気づきが生まれ、理解が深まります。科学的分析によって運動・スポーツの事実を知りましょう。

10月4日(日)のプログラム

機械工学科

(1)、(2)10:30~12:20 【見学・実験・体験・実習】 定員:30名

※機械工学科では1、2回目を合同で実施し、3つのテーマをローテーションで体験できます。
1、2回目一括でのお申込みとなります。

A プラズマと物体の表面(宮本講師) 会場:D棟1F

日常生活でもプラズマという言葉を聞きますが、プラズマを実際に見てみましょう。また、プラズマを用いることで物体の表面がすごく滑るようになったり、硬くなったり、水をはじくようになったりします。実際に実験してみましょう。

B 動釣合の修正をしよう(杣谷准教授) 会場:D棟1F

扇風機、洗濯機などの回転部がある機械は回転によって様々な振動が発生し、機械に不具合を引き起こすことがあります。その一つが軸の不釣合いによるものです。ここでは不釣合いによる影響とその修正法を解説・実演します。

C アルミニウム合金の強度を測定しよう!(蔦森教授) 会場:D棟1F

材料強度は機械工学における最も基本的な性質のひとつです。アルミニウム合金を使って引張試験を行い,引張強度を求めます。打ち抜き型を用いて、試験片の作成から実施し、添加元素によって材料を強化できることも体感します。

(3) 13:20~14:05 【制作・体験】 定員:30名
オリジナルグラスを作ろう!(宮本講師・杣谷准教授) 会場:B棟1F学生ホール

サンドブラスト加工機を用いて、ガラスのグラスに絵や文字の刻印をし、オリジナルのグラスを作ろう。出来上がったものは記念としてプレゼントします。

機械システム工学科

(1)10:30~11:20 【講義】 定員:30名
学科紹介・ドローンが飛ぶしくみ(坂倉教授・橋口講師) 会場:S棟0303

機械システム工学科について説明します。近年、撮影以外にも点検や配達など様々な利用方法がテストされているドローン。この講義では、ドローンが飛ぶ仕組みについて解説します。

(2)11:30~12:20 【講義】 定員:30名
機械システムの代表例・産業用ロボットを知ろう(尾形教授・溝口教授) 会場:S棟0203

日本の製造現場で30万台が稼働している産業用ロボットとは何か、どのような作業をするのかなどを学びます。実際の産業用ロボットをデモンストレーションして、その仕組み、動き、操作方法などを学びます。

(3) 13:20~14:05 【体験】 定員:10名
ドローンのプログラミング体験(橋口講師) 会場:S棟0406

屋内用の小型ドローンを使って、その操作を自分のプログラムで動かしてみます。

電気電子工学科

(1) 10:30~11:20 【講義】 定員:30名
雷のメカニズムおよびその対策について(植田教授) 会場:B棟0204

雷の発生メカニズム、静電気による放電の実演、大同大学での高速度ビデオカメラによる雷放電の観測結果、送電線・風力発電機の雷被害やその対策のための研究などについて紹介します。

(2) 11:30~12:20 【講義】 定員:30名
超伝導とその応用(赤池教授) 会場:B棟0205

超伝導は、材料を低温に冷やした時に、その電気抵抗がゼロになる現象を意味します。この超伝導現象と、エレクトロニクスを中心とした応用について紹介します。

(3) 13:20~14:05 【体験・実習】 定員:15名
電子回路シミュレータを体験しよう!(山田教授・大澤教授) 会場:D棟0202

コンピュータ上で動く電子回路シミュレーション用のソフトウエアを用いて、電子回路の動作を予測する体験実習を行います。

建築専攻 インテリアデザイン専攻

(1) 10:30~11:20 【展示・講義】 定員:30名
イタリア・ミラノ工科大学との新しい試み「Cスケープ」(宇野教授) 会場:B棟0201

ミラノ工科大学5年生と本学の3年生は、「C‐SCAPE」という同じ設計課題に取り組んでいます。学生同士の国際交流や、デザイン教育の国際基準化を図る本学独自の新しい試みです。この授業で制作した作品を学生たちが発表します。

(2) 11:30~12:20 【実験・講義】 定員:30名
力とデザイン(萩原教授) 会場:B棟0201

構造は力を支える役割を担っている。その形は力とどんな関係があるのだろうか?強くて頑丈な合理的な形というものはあるのだろうか?そしてそれは万能なのだろうか?この模擬実験では、模型を用いた実験を通して、構造物の力と形の関係を説明します。

(3) 13:20~14:05 【見学】 定員:30名
新キャンパス現場見学(武藤教授) 会場:B棟0201

来春からの、建築専攻とインテリアデザイン専攻の学びの場となる新キャンパスは竣工直前です。どんな空間でどんな学びの体験ができるかを、自分の目で確かめてもらう見学会です。

土木・環境専攻

(1) 10:30~11:20 【体験・実験】 定員:30名
水が起こすさまざまな流れや波を見てみよう(鷲見教授) 会場:白水校舎学生ホール

波は、海や川、身の回りの水・流れのさまざまなところに現れます。その現象を実験で見て、測り、その知識が防災や環境を考える中でどう役立つのかを考えます。

(2) 11:30~12:20 【体験・実験】 定員:30名
環境を浄化する土木技術って?(棚橋教授) 会場:白水校舎8号館8102

土木や建設というと環境破壊をしているというイメージを持っていませんか? 実は、道路や橋を作るだけでなく、環境を守ったり修復したりするのもドボクの仕事!その技術を実験で体験しよう。

かおりデザイン専攻

(1) 10:30~11:20 【見学・体験・講義】 定員:30名
嗅覚を知り、嗅覚テストにチャレンジしよう!(光田教授・棚村准教授) 会場:S棟0612

生活環境のにおい対策を考える内容です。においの測り方、生活環境のにおい対策について紹介し、かおりデザインの解説をします。におい・かおり分野の資格と関係のある嗅覚テストが体験できます。

(2) 11:30~12:20 【見学・体験・講義】 定員:30名
かおりを知り、かおりをつくろう!(光田教授・石川非常勤講師) 会場:S棟0612

生活環境のかおりの活用を考える内容です。かおりのつくり方、適用方法を紹介し、かおりデザインの解説をします。新たなかおりをつくる体験(調香体験)ができます。

情報システム学科

(1) 10:30~11:20 (2) 11:30~12:20 (3) 13:20~14:05 【実習・講義】 定員:A30名 B27名

※情報システム学科では2つのテーマを各3回ずつ実施します。

A ネットワークの世界をのぞいてみよう!(桑野教授) 会場:B棟0302

今後のIoTの進展に伴い情報ネットワークの重要性はさらに増していきます。ここでは、簡単な実験を行い身の回りにたくさんのデータが流れていることを実感していきます。

B 論理回路シミュレーション(横手准教授) 会場:E棟0202

コンピュータや情報機器では、情報は「0」と「1」の組合せによって表現され、論理回路によって処理されています。この模擬実習では、論理回路の設計やその検証に利用されるシミュレーションについて紹介します。

情報デザイン学科

※情報デザイン学科ではメディアデザイン分野、3Dデザイン分野に分かれて実施します。

メディアデザイン分野
(1) 10:30~11:20 【講義】 定員:30名
学んでみよう!CGの世界の魅力(原田講師) 会場:S棟0204

CGは現代において映画やゲームだけではなく、アトラクションなどの体験型コンテンツにも欠かせない要素となっています。今回の講座では仮想現実(VR)や拡張現実(AR)、プロジェクションマッピングなどについてのお話と、CG映像の上映を行います。

(2) 11:30~12:20 【講義】 定員:30名
音楽の簡単作曲テクニック(小高教授・小島准教授) 会場:S棟0204

メロディーの断片が浮かんだが、これからどうすればいい?「ひらめき」から「論理性」という過程を経て完成に近づけていく構造をプロの作曲家がわかりやすく解説していきます。

(3) 13:20~14:05 【講義】 定員:30名
A グラフィックデザインの魅力に迫ろう!(桐山講師) 会場:S棟0204

グラフィックデザインは、本やポスターなどの印刷物だけでなく、スマホアプリ、アニメ、ゲーム、そしてあらゆるビジネス分野に活用されています。この講義では、普段見ているイラストやパッケージのデザインにどんな工夫があるのかを深堀りしていきます。

B メディアデザイン分野を体験しよう!(小高教授ほか) 会場:ユメディオ

ミュージックライブ演奏、CG映像上映、録音ブースや映像制作室の見学、グラフィック展示などメディアデザイン分野で学ぶ主な内容、設備、そしてその魅力を凝縮して体感できるイベントです。

3Dデザイン分野
(1) 10:30~11:20 (3) 13:20~14:05 【体験】 定員:各25名
デジタル3Dモデリングの世界を体験してみよう(舟橋准教授) 会場:E棟0203

工業製品や立体のデザインをする上で重要なデジタル3Dモデリング。「ものづくり」が盛んなこの地域で活躍するための必要不可欠な技術です。この体験を通し、その魅力や楽しさを紹介します。

(2) 11:30~12:20 【体験】 定員:30名
作ってみよう!モノをデザインするって面白い(岡田准教授) 会場:F棟0204

文房具・食器などの雑貨から、椅子・携帯電話・ジュエリー・自動車など、たくさんの魅力的な製品=プロダクトが世の中にはあふれています。私たちの生活を豊かに彩る「モノ」をデザインする魅力を雑貨制作体験を通して紹介します。

経営情報コース

(1) 10:30~11:20 (2) 11:30~12:20 【体験・講義】 定員:各回30名
ボードゲーム「モノポリー」で経営体験(大東教授・小澤教授・西崎教授) 会場:A棟14階交流室

1935年から世界各国で発売され、 プレイヤーの累計人数が最も多い世界No.1 ビジネスボードゲームを行います。 戦略を考える技とダイスの運が勝負の決め手となります。

スポーツ情報コース

(1) 10:30~11:20 【講義】 定員:30名
スポーツ情報コースの概要(齊藤教授) 会場:B棟0206

スポーツ情報コースでの学びがどのような未来につながるのかをコース内容をもとに解説します。

(2) 11:30~12:20 【講義】 定員:30名
運動・スポーツを科学的にとらえる(伊藤准教授) 会場:B棟0206

運動やスポーツは、科学の力を用いることでたくさんの気づきが生まれ、理解が深まります。科学的分析によって運動・スポーツの事実を知りましょう。

受付は終了しました

ページの先頭へ

MENU