中島 貴光 准教授 [Takamitsu NAKASHIMA]

プロフィール

学歴
平成11年 東京藝術大学美術学部建築科 卒業
平成13年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程 修了
平成19年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程 修了

学位
博士(美術)

現在までの経歴
平成20~22年 東京理科大学工学部建築学科 助教
平成23年 大同大学工学部建築学科 着任

現在の研究テーマ

建築・インテリアおよび舞台の設計・計画が専門です。主に舞台美術やインスタレーションなどの仮設空間のデザインに携わって来ました。
仮設空間は一過性の儚いものですが、それ故に新しい体験を生み出す可能性を秘めていると言えます。使い手と空間、さらには周辺環境が呼応する関係性を生み出すことを目指しています。

研究テーマの魅力

空間デザインの魅力は大きく分けて二つあります。
一つは協働してモノを作ること。元より建築やインテリアを作る上では多くの人が携わり、それが醍醐味であると言えます。さらに舞台の場合で言えば、演出や照明・音響・衣装・映像など、専門的なスタッフとのコラボレーションにより、一つの作品を作り上げられることが魅力です。
もう一つは1/1の空間を思い描いてそれを実現できること。空間デザインは場所的にも時間的にも厳しい制約の中で求められることが多々あります。しかし、限られているからこそ、使い手が体験する空間を1/1のスケールで丁寧に思考することができ、それがもう一つの魅力です。

MESSAGE

在学生へのメッセージ

“You play with the cards you’re dealt...Whatever that means.”
(配られたカードで勝負するしかないのさ…それがどういう意味であれ。)

チャールズ・M・シュルツ『A Peanuts book featuring SNOOPY』より

受験生へのメッセージ

“No problem is so big or so complicated that it can’t be run away from!”
(どんな問題も逃げきれないほど大きかったり、難しかったりはしない!)

チャールズ・M・シュルツ『A Peanuts book featuring SNOOPY』より