大同大学公的研究費における不正防止に関する基本方針

大同大学(以下「本学」という。)は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)に則り、社会への説明責任を果たすため、公的研究費における不正使用防止に関する基本方針を以下のとおり定めます。

責任体系の明確化

公的研究費の適正な運営・管理を行うため、最高管理責任者、統括管理責任者、コンプライアンス推進責任者及びコンプライアンス推進副責任者を置き、その役割、責任の所在・範囲と権限等の責任体系を明確に定めます。

責任体系 役職 責任・権限及び役割
最高管理責任者 学長
  • 本学全体を統括し、公的研究費の適切な運営・管理について最終責任を負う。
  • 公的研究費の不正防止対策の基本計画を策定・周知するとともに、それらを実施するために必要な措置を講じる。
統括管理責任者 副学長
(学長指名)
  • 最高管理責任者を補佐し、公的研究費の適切な運営・管理について本学全体を統括する実質的な責任と権限を持つ。
  • 不正防止対策の組織横断的な体制を統括する責任者であり、基本方針に基づき、本学全体の具体的な対策を策定・実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を最高管理責任者に報告する。
コンプライアンス推進責任者 大学事務部長
  • 統括管理責任者の指示の下、公的研究費の適切な管理・執行をモニタリングし、必要に応じて、改善指導等を行う実質的な責任と権限を持つ。
  • 不正防止計画に基づく具体的な対策を実施し、本学教職員に対して不正防止教育を行うとともに、その実施状況を管理し、統括管理責任者に報告する。
コンプライアンス推進副責任者 研究・産学連携支援室長
  • コンプライアンス推進責任者を補佐し、公的研究費執行のモニタリングを行う。
  • コンプライアンス推進業務の実務上の責任者として、公的研究費の執行状況を把握するとともに、不正防止教育の実務を担う。

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

ルールの明確化・統一化

公的研究費の使用及び事務処理手続きに関するルールを統一して明確にし、公的研究費の運営・管理に関わる全ての本学教職員に周知を図ります。

職務権限の明確化

公的研究費の事務処理に関する本学教職員の権限と責任について、業務の分担の実態と乖離が生じないよう、適切な職務分掌を定めています。

関係者の意識向上

公的研究費の運営・管理に関わる全ての本学教職員に不正使用防止に関するルール等のコンプライアンス教育を実施し、意識の向上を図るとともに誓約書の提出を求めています。

不正防止計画の策定・実施

不正を発生させる要因の把握に努め、不正防止に対応した計画を策定・実施することにより、公的研究費の不正使用を防止します。

研究費の適正な運営・管理活動

不正防止計画を踏まえた適正な予算執行を行い、不適切な取引をチェックする仕組みを構築し、運用します。

モニタリングの在り方

公的研究費の適正な管理のため、本学全体の視点からモニタリング及び監査体制を整備します。

情報発信・共有化の推進

公的研究費等の不正防止に向けた本学の取り組みを本学教職員に周知するとともに、公的研究費の不正使用に関する学内外からの情報が、適切に本学に伝達される体制を整備します。

公的研究費に関する相談窓口・研究に関する不正行為申立て窓口
研究・産学連携支援室
電話:052-612-6132
受付時間:平日9時00分~17時30分
FAX:052-612-5623
E-mail:crc@daido-it.ac.jp

ページの先頭へ

MENU