学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

研究・産学連携

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

充実した施設・設備

本学には研究支援センター(Collaborative Research Center:CRC)があり、研究における産学交流の窓口を務めると同時に、共同研究ラボラトリーと、企業の方との共同研究を推進するための共同実験室の管理を行っています。また、共同利用研究設備により、企業の方からの受託試験にも対応しています。

学外研究機関との連携で、研究領域の多様化に努めています

科学・技術の著しい発展に伴って、従来の学問の枠を越えた新しい学問領域が次々と開拓されつつあります。本学は、このような科学の諸分野の新しい局面に柔軟に対応し、学際的な学問分野の発展に応えるために、大学院組織をさらに発展させ、国公立・民間等の研究所と連携を図っています。

連携大学院

本学大学院は、国公立・民間の研究所の研究者を大学院客員教授として迎え、修士課程の大学院生が、最新の設備と機能を有する外部の研究所において、それらの客員教授から研究指導等を受ける方式を採用しています。
この連携大学院方式により、大学院の研究領域の多様化、豊富化を図り、大学院教育のより一層の活性化を目指すことができます。他方、外部の研究所の側は、大学院教育に参加することによって若い活力を注入することができ、わが国における独創的な学術研究の推進と先導的分野の開拓に寄与することが期待されます。
現在、本学大学院は以下の4研究所と連携し、5名の研究者が大学院客員教授として大学院生の研究指導・講義等を担当しています。

  • 財団法人 ファインセラミックスセンター
  • 新日鉄住金株式会社 技術開発本部名古屋技術研究部
  • 独立行政法人 産業技術総合研究所
  • 大同特殊鋼株式会社 技術開発研究所

国際的な研究活動

産学連携共同研究費等受け入れ実績

本学大学院担当教員による国際的な研究活動も盛んです。ここ数年における、大学院担当教員の学会等海外出張件数は下のとおりです。

(万円)
2007年度(平成19年度) 26件(33)
2008年度(平成20年度) 23件(27)
2009年度(平成21年度) 16件(20)
2010年度(平成22年度) 18件(35)
2011年度(平成23年度) 19件(36)

( )内の数字は大学全体の数字です。

産学連携共同研究活動

産学連携共同研究活動としては、「共同研究」と「受託研究」があります。それ以外にも「受託試験」や「技術相談」、また、産業界から本学への「奨学寄付金」があります。

共同研究

本学の教員と企業等が共同して研究を行う形態です。研究テーマがあり、本学教員と相手企業等との間で役割分担がされます。共同研究のスタートに先立ち、本学と企業との間で共同研究契約を結びます。

受託試験

本学の共同利用研究設備を教育研究に支障のない範囲で、企業等からの委託により試験を行います。

受託研究

企業等から本学が研究テーマを受託して研究を行い、決められた期間に研究成果を報告するものです。委託企業には、研究に必要な経費(設備購入を伴う場合には設備購入費)を研究に先だって支払っていただきます。受託研究のスタートに先立ち、企業等と本学との間で受託研究契約を結びます。

技術相談

相談事項について、もっとも適切な本学教員が応対します。

奨学寄付金

教育研究資金として企業等から寄付していただくことにより、学術の振興に役立てるものです。寄付者の意志により、研究分野・研究者名など寄付の目的を指定することもできます。

実績

共同研究、受託研究に限定すれば、年間30~40件、2,000~6,000万円の規模です。過去5年間の受け入れ実績は、次のとおりです。

産学連携共同研究費等受入れ実績推移

※単位万円
  共同 受託 奨学寄付金 財団、科研費、公的資金合計
  件数 金額 件数 金額 件数 金額 件数 金額
2011年度
(平成23年度)
29 1948 12 954 11 682 32 4630
2012年度
(平成24年度)
30 3421 5 546 9 455 35 4852
2013年度
(平成25年度)
26 4021 6 258 8 660 30 5253
2014年度
(平成26年度)
36 4187 6 371 13 290 34 4002
2015年度
(平成27年度)
26 2188 11 961 20 1283 30 4311
研究支援センター

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU