• home
  • 大学紹介
  • 学部・学科・専攻
  • 入試情報
  • 研究・産学連携
  • 学生生活

学部・学科・専攻

機械工学科

  • 活躍するフィールド
  • カリキュラム・科目紹介
  • 4年間の学び
  • labpickup

機械工学科の教員紹介

基礎から先進の応用分野まで身につけた、ものづくりの最前線で活躍する力あるエンジニアを育む。

社会に欠かせない機械や素形材を、実際につくって、動かし、その本質を学ぼう。

自動車や航空機などの輸送機械、建設機械、工作機械。私たちの社会で機械はなくてはならないものです。その機械を実際に動かし、ものづくりの工程を再現しながら具体的かつ理論的に機械を学ぶことは本当に楽しいことです。素材に加工を加える素形材の分野、組み立てや機械加工の分野をカバーする機械工学は、大学で学んだ内容や修得した知識・技術を直接活かせる世界です。私が専門とする鋳造を含め、機械産業は今後もますます発展し続けていきます。自ら探索、調査、実験、研究を遂行する醍醐味をぜひ体験していただきたいと思います。

教授 前田 安郭博士(工学)

専門分野
鋳造プロセス工学
研究課題
鋳造CAEにおける湯流れ解析及び凝固解析精度の向上生型砂造型における搗き固めメカニズム解析とシミュレーション
所属学会
日本鋳造工学会、日本機械工学会、
日本金属学会、日本鉄鋼協会、日本粉体工学会

機械機器の効率化や環境問題の解消に役立つ力学を学んで、社会が求めるエンジニアに。

機械工学科では、流体力学・熱力学・材料力学・機械力学の4力学を基礎として、エンジニアに必要な知識や技術を習得します。たとえば流体力学ですが、ほとんどの機械機器の周りには目に見えない空気や水が複雑に流れているので、この流れを制御することで、自動車などの高速化やエンジンの高効率化に役立てることができるのです。また、流れを式で表す方法を習得することで、シミュレーションや予測が可能になります。私の研究室では、大気汚染物質の拡がり方の予測や、大気浄化手法にも取り組み、環境問題の解消に貢献しようとしています。

教授 神ア 隆男博士 工学博士

専門分野
環境流体力学・乱流輸送現象
研究課題
大気境界層や都市境界層の乱流構造解明、都市大気浄化手法の開発
所属学会
日本機械学会、流体力学会、大気環境学会