• home
  • 大学紹介
  • 学部・学科・専攻
  • 入試情報
  • 研究・産学連携
  • 学生生活

学部・学科・専攻

建築学科 インテリアデザイン専攻

  • 活躍するフィールド
  • カリキュラム・科目紹介
  • 4年間の学び
  • labpickup

インテリアデザイン専攻の教員紹介

  • 活躍するフィールド
  • カリキュラム・科目紹介

時代と社会を読み解き、問題意識を持ち、
未来に向けての空間創造をしてほしい。

建築やインテリアの分野は、人が生活する空間を豊かに創造していく役割がありますが、その上で「今」という時代や社会を読み解き、自分なりの問題意識を設定して、未来に向けて提案していくべきだと考えます。私自身は、美術館・ギャラリーなどの展示空間や会場構成、ビエンナーレなど屋外展覧会の研究、空間の計画・設計などの取り組みを通して、社会に対して提案をし続けてきました。最初に自分が考えたアイデアや空間が実現した時の感動というものは、一生忘れることができません。皆さんには、その感動を糧に生きていける人になってほしいと思います。

教授 武藤 隆 芸術修士

専門分野
建築計画・設計、インテリアデザイン
研究課題
美術館、ギャラリーなどの展示空間、
国際展における展示空間
所属学会
日本建築学会

人間の行為・身体・精神を大切にした
新たなデザインの世界に取り組もう。

本専攻では人の行為・身体・気持ちを観察し、内から外へ、外から内へと思考を展開し、家具・インテリア・建築・都市環境の領域で、人間主体の魅力的な空間提案について学びます。その中で私の研究室では、人間の内面を起点に、高齢者や身体的弱者などを視野に入れた、人間の行為・身体・精神を大切にしたデザインに取り組んでいます。 インテリアデザインを学ぶには大学の外に飛び出すことも大切です。著名デザイン事務所へのインターンシップ、オープンデスク、関係団体での作品発表などの機会を通して、知識と感性、提案力、人間力を磨いていきます。

教授 加藤 和雄 博士(工学)

専門分野
インテリア計画・設計、インテリアデザイン
研究課題
インテリアデザインの計画・設計、
インテリアデザイナーの空間分析・空間論
インテリア感の研究など
所属学会
日本建築学会、 人間−生活環境系学会