• home
  • 大学紹介
  • 学部・学科・専攻
  • 入試情報
  • 研究・産学連携
  • 学生生活

学部・学科・専攻

電気電子工学科

  • 活躍するフィールド
  • カリキュラム・科目紹介
  • 4年間の学び
  • TOPICS

電気電子工学科の教員紹介

現代社会を支えている電気電子工学を学び、
技術の大陸をともに冒険しよう。

電気電子工学は、静電気の観察から始まり、モータ・発電機を実現し、コンピュータ・電子回路に応用されてきました。今では電気・電子と関係のない分野はほとんど考えられません。家電や電車、ハイブリッド自動車は半分モータ駆動ですし、自動運転は電子制御により実現します。飛行機も電子制御により飛行します。さらに、LED、フラッシュメモリー、液晶など、革新的な新材料や新製品の多くが、日本人の手によって発見、育てられたものだということ。冒険は、ゲームの中ではなく、新たな技術の大陸にあります。無限のフロンティアを目指してともに進んでいきましょう!

教 授 木 康夫 博士(工学)

専門分野
電力・エネルギー制御
研究課題
太陽光発電や風力発電を電力系統に連系するための技術開発、特に、HEMSやBEMS(ビル向け) の研究、水素や圧縮空気、揚水による電力貯蔵の研究
所属学会
電気学会、計測自動制御学会、 空気調和・衛生工学会、システム制御情報学会

制御系設計に関する研究成果を産業に応用
することで、社会に貢献することができ
ます。

電気電子工学科はエネルギー、エレクトロニクス、材料・デバイスの3つの分野について学びます。私の研究室はエレクトロニクスの分野に属し「振動を抑制(制止)する」をテーマに、情報記憶装置や車両など種々の装置を対象としてより速く・より正確に振動を抑制するための制御系について研究を行っています。研究成果は、例えば産業機器に適用することで生産性や品質を向上することができ、車両に適用することで安心・安全で快適な車を実現することができるなど、様々な場面で社会に貢献できると考えています。

准教授 川福 基裕 博士(工学)

専門分野
制御工学、メカトロニクス
研究課題
車両バネ上振動の抑制制御、情報記憶装置の高速・高精度位置決め制御、テーブル駆動装置を用いた高精度位置決め制御
所属学会
電気学会、日本機械学会、計測自動制御学会、IEEE