• home
  • 大学紹介
  • 学部・学科・専攻
  • 入試情報
  • 産学連携
  • 学生生活

学部・学科・専攻

情報システム学科 コンピュータサイエンス専攻

  • 活躍するフィールド
  • カリキュラム・科目紹介
  • 4年間の学び
  • TOPICS

コンピュータサイエンス専攻の教員紹介

情報分野のつくり手に求められる、
ものづくりへの根気と集中力を育む。

本専攻では、情報処理の仕組みや原理、プログラミングやネットワーク設計などの技術を身につけます。しかし、情報を使う側とつくる側では、やることがまるで違います。情報機器やプログラムの作製は、ものづくりが好きで、根気と集中力が求められることをぜひ知ってください。私は、心理音響学という専門分野に取り組んでいます。人は物音を擬音語で表すといった高度な情報処理を行っていますが、それをコンピュータで再現しようというものです。また、警告音・ガイド音づくりにも役立つ音色の感じ方や騒音問題にも取り組み、社会に貢献したいと思っています。

教授 大石 弥幸 博士(工学)

専門分野
音響工学
研究課題
都市における各種騒音の分析、擬音語表現と音の物理量の関係、人間の音色に関する識別能力
所属学会
日本音響学会、騒音制御工学会、日本音楽知覚 認知学会、日本音声学会

知的好奇心をくすぐる教育と研究活動で、
きみのDNAを目覚めさせよう。

自動車や家電製品などはもちろん、社会の中で幅広く使われているコンピュータ。本専攻では、コンピュータの仕組みから実践的なソフトウェアまでを学びます。私の研究室では、見たり聞いたりしながら周囲の環境を理解する人間の機能を、工学的に実現する研究をしています。視覚・聴覚情報の処理について探求していくことで、視覚・聴覚障がい者がほかの感覚を使って周囲の環境を理解できるようになれたらと考えています。大同大学の知的好奇心をくすぐる教育・研究活動は、若い皆さんのDNAを目覚めさせるはずです。

准教授 竹内 義則 博士(工学)

専門分野
音声映像処理、福祉情報工学
研究課題
シーン情報量による注視行動のモデル化と
アクティブビジョンシステムの実現
所属学会
電子情報通信学会、情報処理学会、
映像情報メディア学会、日本ロボット学会、IEEE