学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

4年間の学び方
− 学生が語る成長の軌跡 −

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

情報処理とネットワークの基礎から、知識とスキルを積み上げ、
できることを増やしながら、特定の分野について深く追究できる。

1年次
情報システムや情報処理を学び、
ただ使う人から、作る人の感覚へ。

数学や物理といった基礎的なことを深めつつ、『情報システム入門セミナ』、『情報処理基礎』や『電気回路』などで情報学や情報処理、ハードウェアについて学んでいった1年次。プログラミングに挑戦する機会もあり、コンピュータやネットワークを使う側から作る側へと段階的に進んでいく感じがしました。

2年次
プログラミングも、ハードウェアも、
その内容や裏側を知り、本格的に。

必修科目の『プログラミング1・2』で、C言語の基本機能を学び、実際にやってみることで、ひとまとまりの処理ができるようになりました。一方、選択科目から『コンピュータアーキテクチャ1・2』を履修したため、ハードウェアの構造や設計仕様についても実習しながら学習。『情報演習』など専門科目が増え、いよいよ本格的になってきました。

3年次
ネットワークがどれほど素晴らしい技術かを
講義や演習で実感し、さらに深く知りたくなった。

3年次はほぼすべて専門科目ばかり。プログラミングとネットワークを基礎とし、さらに発展させた『ネットワークプログラミング』では、通信技術の難しさを知り、日常的に使っているLINEのすごさに感心しました。また、『アルゴリズムとデータ構造』は、考え方を理解するのも、実際にパソコン上で作り上げていくのも難しく、苦心しました。

4年次
SNSやオンライン通販で使われる技術を
学習支援にも活用し、苦手を克服してもらいたい。

朝倉先生の下でユーザーのモデリングについて研究しています。SNSや通販サイトを使っていると、「こんな人がいます」、「これも興味ありませんか」などとお勧めされることがあると思いますが、その技術を学習支援に使うことで、苦手を克服する手助けをしたいと考えています。1年で一定の研究成果を出し、修士課程に進んでからも2年かけて、さらに研究を深めていきます。

情報系の大学を志望した高校時代に、大学院まで視野に入れておいた方がいいというアドバイスをもらっていたこともあり、入学当初から4年間プラス2年間で、じっくりとコンピュータや情報について学ぼうと思っていました。実際に大学へ入ってみると、単なる便利な道具だったパソコンの裏には、ものすごく幅広くて多様な技術が使われていることがわかりました。と同時に、自分のできなさ加減にも気付き、「もっと知りたい」、「もっとできるようになりたい」という意欲がどんどん湧いてきたのも事実です。興味の対象を絞っていくためにも、さまざまな経験をして、その中から自分が面白いと感じるものを選べばいい。そうすることで、世の中の見方も、自分も変わります。

岩本 浩輝さん
情報ネットワーク専攻 4年 愛知県 熱田高等学校 出身
進学先:大同大学大学院 情報システムコース

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU