学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

4年間の学び方
− 学生が語る成長の軌跡 −

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

インテリアデザインの奥深さを感じながら学んだ4年間。
知識も、技術も、人間的にも、まだまだこれから成長していきたい。

1年次
製図などの基礎を学ぶと同時に
自分の考えが単純だったと気づいた。

インテリアはただ美しい空間を作ることと考えていた1年次。空間の雰囲気は、床、壁、天井の色や素材、多面的な要素がからみあって作り出されること、また『構造力学1』で学ぶ反力や応力、計算方法を使った上でデザインすることの必要性など、それまで知らなかった新しい学びに目が覚める思いがして、2年次で応用的な勉強ができるのが楽しみでした。

2年次
自分の好みを表現するだけでなく、
空間を利用する人の気持ちを想像するように。

2年になると三次元の図面や模型づくりなどに取り組みました。授業で出される課題では、友人の作品に刺激されることもありましたが、デザインのセンスや技術よりも、その空間を使う人を思う気持ちや想像力が大切だということを学び、自分の好みよりも、そちらを重視する方向へと考え方が変わった年でもあります。

3年次
目に見え、手で触れるもの以外の要素について学習。
グループ設計では、話し合うことの重要性を知った。

常に目に見える色や柄だけでなく、移ろっていく光や音の要素についても学習し、見えないものを表現することの難しさを感じました。また、「SEA SOUTH POLE」と名付けた海辺の商業施設のグループ設計に取り組み、議論を重ねながら、より良い出来上がりをめざしました。進路についても考え始め、自分自身を見つめることで、商業施設よりも住空間に興味があることに気づきました。

4年次
大学で身につけた知識と技術を
社会に還元する方法の一つが卒業設計かもしれない。

卒業設計をするため、武藤研究室に所属。テーマは墓地です。高齢になると足腰が弱くなり、遠出しづらくなるのに、墓地は郊外にあることが多いため、より行きやすい都心部、名古屋港を敷地に、公園との複合施設的なものを考えました。卒業設計は、大学で身につけてきた知識と技術を社会に還元する方法の一つなのかもしれないと思っています。

プロの設計士、建築家の先生方の指導を受けられたのはとても刺激的で、ラッキーだったと思います。基礎、応用、専門と着実に学び、集大成である卒業設計で、すべて出しきることができました。入学前とは比べものにならないほど成長し、確実に自分の力になっていることも実感。最大の変化は、相手のことを思って設計やデザインするようになったこと。ハウスメーカーに就職してからも、4年間で学びとった姿勢や知識を存分に生かしたいと思います。実際のお客さまと接することで、自分に足りないところがたくさん見えてくるとは思いますが、プロとして自信をもって提案できるよう頑張りたいです。

小澤 武士さん
インテリアデザイン専攻 4年 愛知県 名古屋市立工芸高等学校 出身
就職先:セキスイハイム中部株式会社

学部・大学院

工学部

情報学部

大学院

ページの先頭へ

MENU